知られざる筋肉鍛錬法

マシンもバーベルも不要!サプリメントも不要!ステロイドも不要!
日本初の「スロートレーニング」サイトを運営していた名物オーナーが明かす
秘密のエクササイズでスーパーマンの肉体を手に入れられます。

知られざる筋肉鍛錬法の詳細はこちら

サーキットトレーニングの方法

サーキットトレーニングは時間内にどれだけの回数を、休憩を入れずにこなすことが出来るかで効果が現われるので、大きな負荷をかけすぎるとすぐに疲れてしまい、効果を期待できません。

そのため、サーキットトレーニングでは、30秒〜1分の一定の時間内に、ある種目が何回出来るかを測定し、その 40%〜50% の回数をトレーニングの目安とします。

負荷のものを速いスピードで行うということが大切です。サーキットトレーニングがトレーニングと異なる点は、トレーニングに時間によって、判定を行うことです。

トレーニング開始前に、所要時間を測定しておき、その後トレーニングによって体力がついた結果、所要時間が短縮され、トレーニング効果が判定できます。

内容に組み込む種目は、自分のスポーツや必要性にあった運動を選びます。

1セットの種目は6〜12項目決定します。
1/3ぐらいはそのスポーツにフォームを取り入れた種目を入れるようにします。 様々で、ジョギング、スクワット、腕立て伏せ、腹筋、つま先立ち、ジャンプ、などを組み合わせることが多いようです。

トレーニング開始前には、各種目の1つづつを正確に行えるように、1つづつ練習します。各種目の最高反復回数をメモしておき、その1/2を実際のサーキットトレーニングの際のノルマとします。

所要時間を短縮した値を目標とし、種目は、3〜4ヶ月で変えていきます。中高年や虚弱者の場合は、軽い負荷、軽いノルマからスタートするようにするとよいでしょう。

サーキットトレーニングとは

サーキットトレーニングとは、色々な種類の筋力トレーニングを1セットにし、1セット行ったら休憩を入れずに次の1セットを行うトレーニング方法です。

主な目的として、スポーツ選手の基礎体力の向上のために行われています。

一つの種目と次の種目の間に休息をとらないことが、サーキットトレーニングがウェイトトレーニングと異なる点です。

このようにサーキットトレーニングではトレーニングを始めた時から終わる時まで、ずっと持続して負荷が加わることになり、このことが、筋力の増大と同時に全身の持久力の養成につながっていくのです。

サーキットトレーニングは開始から終了まで休憩を入れないので、大変なトレーニングだと感じるかもしれません。ウェイトトレーニングのような過負荷をかけたりせず、1時間当たり、自分の最高回数の40%〜50%という「楽な運動」を、休息を入れずに続けて行うことになります。

設定回数やトレーニング内容は、年齢や男女の別、目的によって、個人にあったメニューを設定し行います。

最近では、スポーツジムでは、中高年を対象としたサーキットトレーニングのメニューを実施しているところも多いようです。これは国が「介護保険」において2006年から「介護予防」を重視したシステムをスタートさせていることも関係しているようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。